後遺障害のリハビリ

事故などでケガをした際に残った症状を後遺障害といいますが、後遺障害の中に症状固定というものがあり、等級認定を受けることによって別途請求が必要となります。
治療費の負担を考え、後遺障害認定は重要なポイントになってくるのです。


後遺障害認定がおりると助成金やその他援助を受けることが出来ます。
症状固定とは、「長期間のスパンで見ると回復の見込みがみられない症状のこと」を表しています。
何度リハビリや治療を受けても大幅な改善がみられず、むちうちなどの症状も症状固定として当てはまる場合があります。
「病院で治療を受けていったんはよくなるものの、時間がたつとまた症状が出てくる」これを後遺障害というのです。


後遺障害は基本的に自動車損害賠償法として定められていて、事故による後遺障害の場合、症状固定が認められると治療費や休業補償などの助成の打ち切りなど保証の仕組みが変わっているので、確認しましょう。


後遺障害はリハビリをすれば治るものではありません。
また、MRIやCTで見て異常がなくても、自覚症状のみで等級がつく場合もあります。
神経症状や運動に対しての障害が残っていれば、日常生活を送る上での残留している障害として認められるので後遺障害認定がおり、リハビリの治療費が実費となるのです。


当サイトではもう少し、リハビリで後遺障害は治らないのか、後遺障害が残った場合の利用したい助成制度などを紹介します。
自覚症状でも助成を受けないと損です。
後遺障害のリハビリに通っている方は是非確認しておきましょう。


【管理人推奨リンク】
交通事故による後遺障害があった場合、無料相談が出来るサイトです → → 交通事故 後遺症

Copyright © 2014 後遺障害のリハビリとは All Rights Reserved.